ヘアダメージを改善して抜け毛予防

多くの方が普段から綺麗な髪を維持するためにも、頭皮や頭髪のお手入れを念入りに行っているという方は少なくありません。しかし間違ったお手入れ方法を続けていると、かえって頭皮や頭髪に負担がかかりやすくなってしまい、抜け毛や切れ毛、髪全体のパサつきなど様々な頭皮トラブルが起こりやすくなってしまう可能性がありますので、まずは自分が普段行っているヘアケアは正しい方法で行えているのかしっかり見直すことが大切ですし、最近特に抜け毛が多いと感じる場合には予防対策として、どのような予防ケアを行えば良いのか正しいお手入れ方法の知識を得ることが重要になってきますし、ヘアダメージをきちんと見極めてトラブルを改善するお手入れ方法を継続して行うことで健康な頭皮と頭髪を手に入れることができます。

抜け毛が起こる原因とは

そもそもヘアケアを念入りに行っているにも関わらず、髪の毛が多く抜けてしまうという場合はお手入れ方法が間違っている可能性が高くなります。一般的に人間の頭髪が一日に抜ける本数は平均として90本程度だと言われており、これは肌のターンオーバーと同様で老化した頭髪が自然に抜け落ちているため、特に問題はないとされています。しかし過度なシャンプーなどで頭皮を傷つけてしまったり、女性などは40代以降になって女性ホルモンの減退が起こりやすくなると、男性ホルモンの影響で毛が抜けやすくなる傾向になります。
また、定期的にカラーリングや縮毛矯正など、頭皮に負担をかける薬剤を利用したヘアケアを受けていると、頭皮にダメージが累積していき毛が抜けやすくなる原因になると言われています。

頭皮のトラブルを改善することが重要

髪の毛が通常よりも過度に抜けやすくなってしまうのは、大半は体のコンディションが悪くなっていることが原因の可能性が高いと言われています。過度なダイエットを行っている方などは体のコンディションを整えたり、健康な髪を維持する為に必要な栄養素が不足しがちになりますし、充分な睡眠が取れていないのも、充分な睡眠時に起こる頭皮のターンオーバーを阻害してしまっている可能性がありますので、毎日しっかり睡眠を取ることは健康な髪を維持するためにも必要となります。
生活習慣を整えても、抜ける髪の毛が減らないという場合は、力を込めてブラッシングを行っていたり、頭皮に負担がかかりやすいシャンプーやコンディショナーなどを利用している可能性がありますので、頭皮に優しいマッサージを行ったり、低刺激のシャンプーに切り替えることも大切です。